タロット占い師 クシラ龍のブログ

タロット占い師 クシラ龍のブログです。

@TAROT

タロット占い師 クシラ龍のブログ

タロット占いで未来を観るときに必ず知っておいてほしいこと

f:id:kushira:20161115132312j:plain

未来とは何をあらわすのか?

 

タロット占いのスプレッド(カードの展開法)では、

未来をあらわすポジションがあることが多いです。

 

過去・現在・未来の3枚を引く

スリーカードというスプレッドでは、

3枚目を未来をあらわすカードとして読みます。

 

ヘキサグラムという僕がよくやるスプレッドでは、

7枚引く中での3枚目を未来のカードとしてリーディングします。

 

一番人気があるといわれるケルト十字スプレッドでは、

6枚目が未来をあらわすカードですね。

 

その他にも1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後って3枚引いたり、

1年の運勢を12ヶ月分、12枚引くっていうやり方もあります。

 

どれも未来へとつながるカードとして観るんですけど、

「この未来っていうのをどう捉えたほうがいいのか?」

っていうのが今回のテーマでーす。

 

未来は、えらべる! (VOICE新書)

未来は、えらべる! (VOICE新書)

 

 

 

現在が変われば、未来も当然のように変わる

 

タロット占いでの未来の捉え方なんですけど、

まず基本的におさえておいてほしいのが、

「今の時点での未来」ってことです。

 

例えば未来のポジションに悪いカードがでちゃうと、

「え〜〜〜!最悪!」って思っちゃう方もいると思うんですけど、

「そんなん、全然気にしなくていいですよー」っと僕がいうのは、

これがしょせん「今の時点での未来」だからなんですね。

 

このまま何もしなくて何も変わらなければ訪れる未来ってだけで、

今の考え方やエネルギーが変わっちゃえば未来も変わるんですよ。

 

だから怯えることも恐れることもないんですよね。

未来に影響力を持っているのはいつだって今の自分です。

 

それにたとえ悪い兆候があらわれたとしても、

その未来を良いほうへと好転させればいいわけで、

そのためにやり取りをするわけだし、僕がいるわけです。

 

だから未来っていってもそこまで大きい影響があるわけじゃなく、

「とりあえずの未来ね、オッケー」ぐらいのスタンスで、

個人的には「ちょうどいい」っと思ってます。

 

いいコミュニケーションで未来は変わる

 

あと占っててよく思うのは、

このカードがあらわす未来って、

その悩みを放置したときの未来だなーって。

 

つまりモヤモヤしてたり悩んでいることがあって、

クライアントさんは僕に相談されるケースが多いんですけど、

そこでその悩みについて話したり一緒に対策やアイデアを考えることで、

未来ってもう変化しはじめてるんですね、それも確実に良い方に。

 

そうでなければわざわざ貴重な時間を使って、

お話をしたり、やり取りをする意味がないですよね。

 

占いの結果っていうのは、しょせん参考意見にすぎません。

 

それに左右されてしまったり、一喜一憂するものではなく、

いかにそれを活用して、うまく使うかが大事だと思ってます。

 

そういった意識をお互いに自然にもてていて、

気持ちよく深いコミュニケーションができた時って、

クライアントさんの未来の変化を感じ取ることができます。

 

その人がより愛されていて、

その人がより輝いていて活躍していて、

その人がより自分らしく気持ち良く歩んでいけるように、

 

ちょっとでも力になれるといいなーって思ってます。

 

1人の人間として誰かの力になれるような人生を、

これからも歩めるようにもっとレベルアップしていきたいです。 

 

 なんか読み返してみるとすご〜〜く真面目に語っちゃってますけど、

まー、大事なことなのでしょうがないですね。

 

大目にみてください(笑)

 

未来はいつだって僕らの手の中にありますよーってことで、

そんなことをクールに語ってる歌をくっつけて終わりまーす。

 

未来は俺等の手の中

未来は俺等の手の中

 

 

おーしまい。