タロット占いで未来をもっと面白く

千葉のタロット占い師 クシラ龍のブログです。

@TAROT

タロット占いで未来をもっと面白く

タロットカード「死神」の意味と解釈を深めてくれた歌について

f:id:kushira:20180702135923j:plain

タロット占いで死神があらわれるたびに思い出す歌?

 

どうもー、千葉のタロット占い師クシラです。

 

タロットカードってポジティブな絵柄だけじゃなくて、けっこうダークなカードもありますよね。その中でもトップ5に入るダークさを誇るのが大アルカナ13番の死神カード。

 

恋愛や復縁を占っている時に出てくるとクライアントさんの顔がひきつります(笑)

 

だけど、このカードって単純に死や別れをあらわすわけではありません。「終わりと始まり」「破壊と創造」をあらわしたりもします。終わりを示唆するカードではあるんですけど、基本的に「良い意味での終わり」なところがポイントです。

 

だから決してネガティブなカードじゃなくて「新しい自分が手に入る」「転機」「ターニングポイント」って意味も強いです。

 

ただそうは言っても、終わりってやっぱり怖いものがあって…。本能的にビビっちゃったりしますよね。そこで今回はそういったイメージが少しやわらぐような一曲をご紹介します。

 

この歌を聴くと死神カードの意味や解釈が自然と深まっちゃいますよー。

 

 曲紹介にいくまえにタロットカード「死神」の意味をまとめとくね

 

最近、タロット占いで死神カードがでてくるたびに、頭のなかでリフレインしちゃう曲。

 

今回はその歌をただただ紹介するっていう企画なんだけど、その前に、一般的な「死神」の意味をまとめとくね。

 

タロットの大アルカナ13番「死神」カードの意味まとめ

 

キーワード
変化・新しい始まり・結末・変容

 

キーフレーズ
古いサイクルの終わりと新しいサイクルの始まり
過去に別れを告げ、自分自身に真実であることを恐れるな
一方のドアは閉ざされ、別のドアは開かれている
分岐点
不可避性を受け入れる
物事の核心をつく
変化のサイクルを受け入れる

 

by サラ・バートレットのタロットバイブル 

 

キーワード
変化・終わらせるべき出来事

 

占託的意味
・終焉、恐れたり惜しんだりすることなく何かを手放す
このカードは普通、新たな可能性へと導いてくれることを表す。実際に、何らかの死が懸念事項となっている場合、このカードはその問題を正直に見つめるよう促している

 

逆位置
・変化を恐れる、頑迷さ
・停滞
・時として肉体の死への恐怖

 

by レイチェル・ポラックのタロットバイブル 

 

新しい自分に生まれ変わるチャンス

 

メインイメージ
死と再生・ターニングポイント・移転・突然の変化
終わりと始まり・転機・破壊と創造・交代・転換

 

正位置
・止める、終わる、切るなど終止符を打つことで状況が変化
・何もかもなくなって白紙に戻る
・マンネリは失敗や破滅へ。改革、前進の道を探るべきとき

 

逆位置
・結論が出るまでには、まだ時間がかかる
・意識を転換することで新しいアイデアが生まれる
・無気力になって、やる気をなくす

 

by ルナ・マリアのタロットの教科書 

 

とりあえずこんな感じかなー。

 

どの意味や解釈もただ単純に「死ぬー」「終わるー」「別れるー」ってところをみるんじゃなくて、そうさせようとしているのは何なのか?そこを見つめようねっていってることが多いです。

 

でもそれがなかなか難しかったりするんですよねー。怖れや執着があると、変化の先にいいものがあったとしても、そこにいくのをためらいたくなったりします。

 

それはやっぱり心のほうがついていけてないからで、そんな時に聴いてほしいのがこの曲です。

 


SUPER BUTTER DOG - サヨナラCOLOR

 

「夢のつづきはどうしたの?」とタロットの死神は歌う

 

Super Butter Dog の「サヨナラcolor」です。

 

日本ポップ史に残るであろう不朽の名曲といわれてたり、この曲にインスパイアされて竹中直人さんが映画をつくっていたり、とても有名な曲なので知ってる人は知ってると思います。

 

この歌を聴いてるとタロットの死神がもつ元型的なエネルギーをすごく感じることができるんですよね。

 

変化をする前の思わずためらってしまう気持ちや、「本当にそれでいいの?」「自分をだましてない?」と何度も問いかける気持ち。

 

そのまま同じ場所にいてもどこにもいけないとわかっているのに、どうしてもそこにとどまりたいと願ってしまう気持ち。

 

セッションのたびにそういう気持ちとたくさん出会ってきたし、そうした人の心の深いところに問いかけるように死神はやってきます。

 

僕がこの歌のなかでも特に死神とのリンクとそこにある深い優しさを感じるのはこのフレーズです。

 

サヨナラからはじまることが
たくさんあるんだよ
本当のことが見えてるなら
その思いを僕に見せて 

 

タロット占いで死神がでたときに大切にしていること

 

終わりはいつも始まりを含んでいるし、

サヨナラからはじまることは本当にたくさんあります。

 

復縁を願っていたり、彼氏とうまくいってなかったり、LINEの既読スルーが多くなって不安になっていたり、そういった何かの終わりを予感しているとき。

 

もうドアは閉じられてしまって、

どこにもいけないような気がしちゃいますよね。

 

でも必ず別のドアは開いているし、

そこから新しい場所へいくことができます。

 

ただそれをひとりで探すのはとても難しかったりするので、僕も一緒にセッションという形で探したり、手伝ったりしてます。

 

そうすると終わりかけていた関係性がまた新しくはじまったり、いろんな可能性や転機やターニングポイントに気づいて元気になれたりします。

 

だから僕はこのカードがでたときは、

 

・何が新しくはじまろうとしているのか?
・今の状況にどういった隠れたチャンスがあるのか?
・関係をより良くするために核心となるところはどこか?
・もっと自分を自然に愛せて、輝くことのできるポイントは?

 

などなどをチェックするようにしてます。

 

言葉でうまく説明するのは難しいんですけど、死神はそういう再起動スイッチを押してくれるカードのような気がします。

 

やっぱりいつも生き生きとしてる人って、サヨナラと仲が良かったり、その感覚が優れていることが多いので、そこのセンスがとてもいい歌を今回は紹介してみましたー。

 

もしタロット占いで死神がでてきて、「えー、なんか怖い」って思ったら、この歌を思い出して、ショックをやわらげてくださいね(笑)

 

ではではー!

 

最後まで読んでくれてありがとー!

 

 

サヨナラCOLOR

サヨナラCOLOR