タロット占いで未来をもっと面白く

千葉のタロット占い師 クシラ龍のブログです。

@TAROT

タロット占いで未来をもっと面白く

ユングの絵に感動!伝説の「赤の書」とタロットとの関係について

f:id:kushira:20180722163523j:plain

心理学者ユングの絵ってみたことありますか?

 

どうもー、クシラです。

 

今回はタロットとも関係のあるユングの絵について。

 

カール・グスタフユング(Carl Gustav Jung、1875年7月26日 - 1961年6月6日)は、スイスの精神科医・心理学者。ブロイラーに師事し深層心理について研究、分析心理学(ユング心理学)を創始した。

by wiki

 

ユングさんって心理学者としては本当に超有名で、僕も微妙に影響を受けているんですけど、今まで彼の絵はみたことありませんでした。

 

「たしかマンダラ描いてた?」ぐらいの認識だったんですけど、「ユング伝」って本をみたら「絵すげー!ユングすげー!」って超ビックリ。

 

そこで「赤の書」っていう本を取り寄せてみたんですけど、その中には個人的にかなり興味深い絵が多数ありました。

 

そこで今回はユングの面白かった絵を紹介しつつ、タロットとの関係についても少し書いてみたいと思いますー。

ユングの「赤の書」いろんな意味ですごすぎ!

 

ユング伝」には7点の絵しか収録されてなかったので、ページいっぱいの絵が53点あるという「赤の書」をゲット。

 

まずそのサイズに驚愕!

 

f:id:kushira:20180722170758j:plain

 

大きいとは思っていたけど、ここまでデカイとは!文庫本と一緒に撮ったんですけど、このサイズですよ。

 

f:id:kushira:20180722170821j:plain

 

よくゴツい本は武器(鈍器タイプ)になるって言われるけど、この「赤の書」はもはや防具としても使えるくらいの出来です(笑)

 

ちなみに価格は税込で42000円

 

スイスのとある銀行の金庫のなかで50年近く眠っていたという、この伝説的な本「赤の書」はユングの個人的な日記です。

 

まー、日記っていっても美術書みたいだし、書かれてる内容も最高峰の文学書でもあるし、とにかく面白くて魅力がハンパなかったです。

 

赤の書[図版版]

赤の書[図版版]

 

 

ということで、ここからは気に入った絵を紹介していきます。

 

ユングの絵のなかで特に好きなのを選んでみた

 

やっぱ龍っすよね。このドラゴンの隣にある光の玉とその青いグラデーション に惹かれました。光のドラゴンボール(笑)

 

f:id:kushira:20180722163828j:plain

 

マンダラっぽい絵もいくつかあったんですけど、このヴィジョンの力とイメージ力には本当に衝撃を受けました。

 

f:id:kushira:20180722163920j:plain

 

大好きなパウル・クレーのようなグラデーション。太陽のような恒星の描き方が独特で面白かった!

 

f:id:kushira:20180722164150j:plain

 

翼が生えてるおじーさん。グスタフ・クリムトのようなゴールドの使い方も渋い。この人、豪華絢爛な隠者って感じ。

 

f:id:kushira:20180722164239j:plain

 

こういった絵がけっこうあるんですけど、そのイメージとの魂のつながりを感じました。

 

f:id:kushira:20180722164316j:plain

 

これはマンダラですね。4方向にそれぞれシンボルが描かれているのが、タロットの大アルカナ「世界」みたいでかっこいいっす。

 

f:id:kushira:20180722164508j:plain

 

心理学者ユングとタロット占いとの深い関係

 

タロットの本を読んでいると、たまに心理学者ユングの名前がでてくることがあります。

 

それはタロットそのものがイメージを扱っているし、近代の知識人のなかで占いをポジティブにとらえて、真正面から研究していたのがユングくらいしかいないからでしょう。

 

それにもともと占いが嫌いだった僕が、タロットの魅力にハマっていったのにも、やっぱりユングは少し影響していると思います。

 

イメージそのものが心にどんな風に影響して、それについて語ることが未来にどう影響を与えるか?

 

僕のセッションはその人がより自分らしさに目覚めていって、運命の人とつながりやすくしたり、エネルギーや元気を高めたり、自分を好きになったり、願いを叶えやすくするために行うのでユングの心理学と親和性が高かったのかも。

 

それに尊敬する鏡リュウジさんも「タロットの秘密」のなかでこんなことを言ってたしね。

 

タロットのイメージを深く見つめていくことで、自分自身を見つめるツールとして役立つこともあるだろう。

 

僕自身の立場としては、タロットは単純な吉凶判断の占いである以上に心理学者ユングのいう、心の深いところから現れる「元型」的イメージとして扱うことで一種の自己セラピー的な価値もあると感じている。

 

(中略)

 

タロットは僕たちの心の奥底に眠っている英雄や、母なるものや父なるもの、愛や死といった普遍的なイメージを刺激する。そこに僕たちは自分を重ね合わせ、いつもとは異なる角度から自分を見つめることもできるのである

 

僕のセッションも単なる吉凶判断よりも、自分の深いところを見つめたり、気づきを多く得られることのほうを重視しているので、このあたりも共感できました

 

ということで、、、

 

ユングさんが絵を描いてることを初めて知って、またその絵が個人的にツボだったので、思わず嬉しくなってたくさん紹介してみたという記事でした(笑)

 

おまけ:ウェイト版のソードナイトとユングのソードナイト

 

まずはこれがウェイト版のソードのナイト。

 

f:id:kushira:20180722164610j:plain

 

こっちがユングさんの描いたソードのナイト

 

f:id:kushira:20180722164725j:plain

 

比べるとなんか面白いね。特にユングさんのソードの騎士は髪型が(笑)

 

以上、ユングの絵に感動した話でしたー!

 

最後まで読んでくれてありがとー。

 

では、またね。