タロット占いで未来をもっと面白く

千葉のタロット占い師 クシラ龍のブログです。

@TAROT

タロット占いで未来をもっと面白く

占いで悪い結果が出た人のモヤモヤが晴れた話

f:id:kushira:20180727164713j:plain

目次

占いで悪い結果がでたら、どうすればいいの?

 

どうもー。

千葉のタロット占い師クシラです。

 

今回は占いで悪い結果がでてしまって、それが頭から離れなくて悩んでいる方へ。そのモヤモヤが晴れるような記事を書きたいと思います。

 

というのも、ちょうど最近、僕がセッションしたクライアントさんでそういうスッキリ経験をした方がいたんですよ。

 

その方は以前、別のところでタロット占いを受けたんですけど、未来に対してなんだか悪い鑑定結果がでてしまって、それで悩んでいるということでした。

 

  • どういう風にしてモヤモヤが晴れたのか?
  • 占いで悪い結果がでたときに、どう対処すればいいのか?

 

そのあたりを実体験をベースに書いてみたので、もしよかったら参考にしてみてくださーい。 

占いで悪い結果がでたあとの危険性について

 

前回、セッションの感想を掲載させていただいた、こちらの素敵なクライアントさん。

 

関連記事>> 2人で鑑定結果を聞けて本当に良かった!導かれたようでとても驚きました(お客様の声)

 

実は僕にタロット占いを依頼されたキッカケが、下記の記事を読んで心が軽くなったから、ということでした。

 

関連記事>>タロット占いで未来を観るときに必ず知っておいてほしいこと

 

以前、他で受けたタロット占いの鑑定結果が悪くて、それがどうしても頭から離れなかったそうです。

 

そこでそのカードの意味をそれぞれ調べてみたり、タロット占いでの未来をどうとらえればいいのかなど、いろいろ有益かつ良い情報をネットで探していて、僕のブログにたどり着いたということでした。

 

いやー、本当に良かったですね!(笑)

 

ホント、ホント。これは自画自賛だけで言ってるわけじゃなくて、悪い預言とか悪い未来のイメージってその人にとって害でしかないんですよ。

 

放っておくと望まない現実を引き寄せてしまう危険性もあります。

 

それでは本来の占いの意味がないし、本当にひどい話なんですけど、実際にそういうケースってけっこうあるんですよね。

 

関連記事>>呪いをかけてくる占い師には注意しよう、という話

 

では、そういうときに「どういった対処をすればいいのか?」これからみていくんですけど、その前に問題を整理しておきましょう。

 

占いで悪い結果っていうのは、どういうケースなのか?

 

まずは悪い鑑定結果の定義を一応おさえておきますけど、大事なのは「悪い」っていうのが何を意味するかです。

 

  • (1)自分の今の望みが叶わないことが悪いことなのか?
  • (2)それとも未来に悪いことが起こるといわれているのか?

 

前者の今の望みが叶わないことについてなんですけど、例えば復縁を願っていて占った場合、残念ながら「その人とは今はうまくいかないかも」とでてしまうことはあります。

 

その理由が今のその人のあり方がズレていたり、他にもっと素敵な人がいてその縁に気づけていなかったり、いろんなケースがあるんですけど例えその人とは今うまくいかなくても、それがかえって良かったり、もっと魅力的な人と出会えるってことがあるわけです

 

そうすると一概に悪いとはいえないですよね。

 

それに人間って自分の本心や今の望みについて勘違いしていることもあります。

 

なので1番目は本当にケースバイケースなんですけど、問題なのは2番目の未来に悪いことが起こるといわれた場合です。

 

これが呪いになってしまうことがあるんですね。

 

占いで悪い結果がでたときのベストな対処法は?

 

未来のとらえ方っていうのは占い師によってそれぞれ違うんですけど、僕の考えでは未来っていうのは、これからの自分次第でいくらでも変えることができます。

 

自分で選ぶことができるのが未来です。

 

ただそうではなくて、もう決まっていると考える人もいるし、それが逃れようのないものだと洗脳してくる人もいます。

 

そんな風にただ未来に悪いことが起こるとだけ一方的に告げられるようなケースが問題化しやすいです。

 

そういった場合の対処法は一番は疑ってみること

 

だって悪い未来を信じることで得なんてまったくないし、そもそも占いの結果っていうのは自分を見つめ直したり、新たな気づきを得るために参考にするためのもので、それに盲従するためのものではありません

 

だからそんなクソみたいな呪いなんて蹴っとばして、捨ててやりましょう(笑)

 

ただどうしても気になるし、モヤモヤが晴れないという場合は、信頼できる専門家に相談するっていうのもありです。

 

今回のクライアントさんは相談する選択をしたんですが、では実際にどういったケースだったのか、プライバシーに配慮してフワッとみていきましょう。

 

今回のケースは実際にどこがズレていたのか?

 

未来に関して悪い鑑定結果がでてしまうのは、タロット占いのスプレッド(展開法)とその伝え方にもよります。

 

このクライアントさんが以前受けて、モヤモヤしていた鑑定結果はここ5年ぐらいの大まかな運勢をみるようなスプレッドでした。

 

前年・今年・来年・2年後・3年後

 

この5つに対して1枚ずつカードをひくスプレッドでしたが、基本的にタロット占いでは未来は3ヶ月~半年先くらいまでで、それより先をみるには占星術の方が向いているという意見が一般的です。

 

そのかわり3ヶ月先くらいの未来までは、タロットだとほぼパーフェクト(90%以上)といわれています。

 

だから今回のように数年先までみる場合は、タロットの場合だと悪い預言になりかねないので注意が必要です。

 

僕はどんな人がどんな風にやった占いなのか詳しくはわからず、ただ鑑定結果だけをみての判断なので断定はできないですけど、カードの解釈もそもそもの問題からかなり離れていたし、逆位置の意味のとり方も微妙だなって感じでした。

 

それでその1つずつを改めて解釈し直して、本来はどういう風に受け止めるのがベストなのかを、その状況に合わせてご説明することで「モヤモヤが晴れました」とおっしゃっていただけました。

 

本当に良かったです!

 

あとはこういう風に解釈に大きなズレがでてきてしまったり、悪い結果になってしまう理由のひとつに問い方があります。

 

それはまた長くなるので別の記事でまとめますね。

 

関連記事>>近いうちに書くから待っててね(笑)

 

占いでの悪い結果をスッキリにつなげるためには?

 

僕にとっての占いでの悪い結果っていうのは「なぜそんな未来になるのか」その原因を探るためにあるヒントのようなものです。

 

だからセッションの途中で出てきたとしても、「じゃあ、そんな未来にならないように対策や対処法を考えよー」ってなるし、「望む結果になるようにするには?」という視点でのアイデアがいろいろでてきます。

 

だから、むしろラッキーなんですよね

 

そのまま何も対処をせずにのほほんと進んでいたら、ひょっとしたらあまり良くない結果になってたかもしれないけど、今その課題に対して取り組んだことで確実に未来は良いほうに変わるんです

 

そういった実りある対話こそが大事だと思っているので、一方的に悪い結果だけを告げて終わっちゃってる占いをきくと「なんだかなー」っと思っちゃったりもします。

 

スタイルの違いといったら、まーそうなんですけど、自分としてはとても気になったので書いてみました。

 

ちょっとでもモヤモヤがスッキリしたら嬉しいです。

 

最後まで読んでくれてありがとー!

 

ではまたー。